So-net無料ブログ作成
検索選択

ベトナムで家を探す! [仕事]

ベトナムでの家探し

Xin Chao! (こんにちは!)
今日はベトナムでの家探しについてご紹介します。

※以前にも書きましたが、私は現地採用であることを前提に
お読み頂けると、誤解がないと思います。



□タイプ
大きく分けて、外国人用のサービスアパートメント
ベトナム人用のローカルアパートがあります。

サービスアパートメントには、家具がついています。
更には掃除や洗濯のサービスがあり、建物もきれいなものが多いです。
一方、ローカルアパートはどうかというと、日本人であれば 不衛生だと感じる部屋が多いです。
特に水回りですね。
お手洗いとシャワーが何の仕切りもなく同じスペースなど・・・。
備え付けの家具がない場合も多いです。


予算
ベトナムは最初にデポジット(家賃1か月分)と3ヶ月分の家賃を払って住み始め
その後は3ヶ月分ごとの家賃を支払っていくというパターンが多いです。

そのため、現地採用とは言え、月収の目安は最低1,800USD以上ということになります。
食生活その他が成り立たなくなってしまいます。


不動産
大きな違いがある二種類の不動産屋が存在します。
「日系の不動産屋」「ベトナム人がやっているの外国人向けの不動産屋」があります。
持っている物件は、圧倒的に後者の方が多いです。
ベトナムはコネ社会なので、何でもベトナム人が強いのです。
ただ、ベトナム人がやっていても、外国人向けであれば多少の英語は通じます。

そう、ここで大事になるのが「英語ができるか」ということです。
英語ができれば、ベトナム人の不動産屋とも交渉ができます。
しかし、英語が全く出来ない場合には、既にぼったくられている「日系の不動産屋」に
しぶしぶお願いするしか方法がなくなってしまいます。


働き始める前から、言語は非常に大切なんですね。

★私の場合 家を探すぐらいの英語はできたので、600USDの家賃を500USDに
値切ったりしながら、何とか暮らしていくことができました。

日本にいる時から、会社に近いエリアの物件を洗い出しておいてもらい
内見して一気に決める!ぐらいの勢いで行きましょう。

なお、ご相談頂ければ私もベトナムの不動産屋さんはご紹介可能です。
でもハノイに限ります。
room1.JPGroom2.JPGroom3.JPG
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。