So-net無料ブログ作成
検索選択

現地採用営業の実務の流れ~IT営業編~ [仕事]

今までは楽しいベトナムの投稿をたくさんしてきました。
しかしそんな天国みたいなところはありません。
心して行かれよ!!

という訳で、実際の業務の流れを説明します。
お客様からデスクトップPCを注文されたとしましょう
「何でもいいから納期早いやつお願い。」
などと言われます。

■お客さんに聞くこと
1.いつまでの納品か
2.メーカーに希望はあるか
3.台数は何台か
4.モニタのサイズはどのぐらいか
5.OS/Officeのバージョンは何か
6.OSのbit数は32か64か
7.OS/Officeの言語は何か
8.ドライブの領域は何GBか
9.ADに参加するかどうか
10.EPEかnon-EPEか


EPEライセンスについてはこちらをご確認下さい。
★ベトナムで起業に必要なライセンス★
http://zizibeo.blog.so-net.ne.jp/2015-10-15-2


PC売るのにこれだけ聞かないといけないのですね。
最初に言っておくべきはキーボードの配列は英語です。
ということです。


@マークが打てないだの何だの後から文句を
言われかねないので、日本語キーボードとは
明らかに違います
からねと伝えておきましょう。


■社内の購買に伝えること
1.納期
2.メーカーしていなしで価格優先
3.台数
4.Microsoft関連の情報
 (ディスカウントがある場合がある)
5.担当エンジニアは誰か


要注意なのは購買は物品の手配にしか責任を
持たないというスタンス
のため、少しでも製品が
営業の要望と違ったとしても・・・

「技術的なことは分からない。返品できない。」

と言ってきます。
いかに漏れなく購買に情報を伝えるかというところが
最も重要になります。

エンジニアに対してもそうです。
何日の何時に会社を出て、車はどの車を使う。
お客さんのところには何時に到着して、誰を訪問する。

ぜーんぶ言わないと自主的にはなーんにもやらないので
日本人による指示不足、と取られお客さん先で
土下座をする羽目になります。

特に納期が迫っているのに複数台のPCに間違いが
あった場合には、損害賠償などと言ってくる人もいるため
十分に気をつけなくてはなりません。


※お客様に聞くこと10に記載した「ADに参加するか」
という問いは、Microsoftのライセンスによっては
参加できない制限がかけられているものがあるためです。
気をつけましょう。


Sponsored Link





にほんブログ村 海外生活ブログ ハノイ情報へ
にほんブログ村
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。