So-net無料ブログ作成
検索選択
-| 2015年09月 |2015年10月 ブログトップ

アメリカの現地採用 [仕事]

今まで東南アジアの話ばかりを書いてきましたが
もちろんアメリカにも現地採用の方はいらっしゃいます。
現地採用つながりで、世界中にお友達ができる人もいます。(←私)

今日は東南アジアから少し離れて、アメリカの話をしたいと思います。
業務内容は多岐に渡りますが、やはり営業職の募集が多いようです。
しかーし、求められる英語のレベルが半端ではありません。

もう一つ、アメリカの現地採用の方に多いのは
アルバイトをしている、ということです。

全員ではありませんが、メインの仕事が終わった後にアルバイトを
されている方が多いです。女性だと厳しいかも?車の免許もいりますね。


元々、アメリカ人が英語を話す速度は、東南アジアのそれと比べて
おおよそ3倍かそれ以上と言われています

また、単語と単語のつながりも非常の短い間隔であるため
普段、例えばフィリピン人の英語に慣れている人だと
アメリカ人の英語が聴き取れない可能性が高いです。

そんな時は、容赦なく相手にされなくなる場合が正直多いです。
ただ一つ、東南アジアの現地採用と比べてマシなのは、単純に
相手にされないだけで済むことです。
理由はアメリカ人も日本人も給与にほぼ差がないからです。

東南アジアでは、日本人のお給料はローカル社員の約3倍から4倍
これで、英語が聴こえないだの仕事ができないだのとなると
無視どころの騒ぎではなく、その人に関わる仕事は手伝わない
最後には日本に強制送還するところまで追い込まれます。

日系企業からすれば、どうしても日本人を採用したいのですが
なかなか全部できる日本人の応募はありません。
そういう人は、日本で立派に働いているケースが多いですからね。

ベトナムドン(VND)を換金 [仕事]

お給料をドン(VND)でもらって、日本に帰ってもほぼ換金できません。
一部トラベレックスさんなどでは、取り扱いがあるかもしれませんが
日本円からベトナムドンなのではないかと思います。

普通、日本人はベトナムドンをまず銀行などでUSドルに換金します。
そしてそのUSドルを持って日本に戻り、大黒屋などで円に換金します。
この二重の換金・・・損ですよ。

それではどうしたらいいのか!?
方法は2つあります。


1.銀行から海外送金する。(手数料が10%ぐらいかかる)
2.現地の人の商いに便乗する。(専門のお店に行く。)


1を選択する人はまずいないので、2を選択する人が多いです。
そこでUSドルに替えるか、日本円に替えるかは本人の自由です。
ただ、ダイレクトに替えられる方法も確かにありますので
ハノイにお住まいの方でしたら、ご連絡を頂ければお伝えします。
ちょっと分かりにくいところにあるので、説明します。

4年くらい前までは、ベトナム国内でUSドルでの支払い
認められていたため、日本人も相当数USドルを保持していました。
ところが、ここ数年でUSドルでの支払いは認めないという法律が
ベトナム国内でできてしまった
ために、日本人にとっては
大量のベトナムドンが使えないお金になってしまったのです。


A)換金できない
B)支払いに使えない
C)国際通貨じゃないのでベトナム国内限定の使用


これだけ条件が揃うと、違う通貨に換金したくなりますよね。
ベトナム自体がインフレ気味なので、お金は換金してしまうことを
お勧めします。

お問い合わせはお待ちしております!!

東南アジアの人ってどんな感じ? [仕事]

働く上で、民族の特性を知ることはとても重要なことです。
私の独断と偏見で、以下に各国の特性を書いてみます。


ベトナム:基本的に親切。謝るということができず、プライドが高い。
フィリピン:のんびりしている。気が利かない。暴力的な側面がある。
タイ:隙を見つけてはサボる。学力が低い。信心深い。
インドネシア:バリ島以外は治安が悪すぎて、まだ調査ができていない。


というところでしょうか。
私が住んでいたベトナムのハノイでも様々なことがありました。
タクシーは基本的にぼったくろうとしますし、勝手に人の家に入ってくることも 多々ありました。 (ここには書けませんが、私も危ない目に遭いました。)

こういう人達には「お金をあげるから!」と命乞いをしても無駄です。
貧乏は心をすさませるのですね。危ない所には行かないこと!

しかし、現地採用は駐在員様達のように車で送り迎えもありませんし
会社に守られている訳でもありません。
その国に土着して生きていけなければ、病院に行くこともできず
日本で暮らしていた方がどれほど良かったか、という結果に十分なり得ます。

最低限の地元の言葉を覚えましょう
英語勉強は毎日しましょうコミュニケーションのためです。仕事ではありません。
鍵は二重三重にかけましょう
食事の好き嫌いが多い人は現地採用の応募自体を勧めません。

東南アジアはどれだけ悪人の巣窟なんだという書きっぷりですが
そういう訳でもないのですよ。
自分の過ごし方にかかっていますから
日本人に欠落している、安全に暮らす術を身につけましょう。

次はちょっとダークな「闇」について書きます。
お楽しみに。

ベトナムの金融事情 [仕事]

DSC_0149.JPG

ベトナムは間違いなく金融後進国です。
私がハノイに滞在している間に、Citibankも撤退しました・・・。

なにより!ベトナム人の50%以上は銀行口座を持っていません。
日本語でいうところの「タンス預金」なんですね。
しかし、クレジットカードは持っているという不思議。

ベトナムではクレジットカードと銀行口座が必ずしも
連動している必要はないという考え方です。
つまり使った分を銀行に払いに行くこともできるのです。。
人に借りないための方法なんでしょうか。

私はというと、もちろん銀行口座を開設しました。
会社の給与振込には銀行口座が必要だったためです。
入社日に総務人事のベトナム人と一緒に口座開設を行いました。
・SMS送信サービス:口座に何らか変動があるとSMSで知らせてくれる。
インターネットバンキング:残高確認/振込みができる。


サービスは充実しているのですが、外国人が海外で口座を
開くのは本当に大変です。
最低限必要な書類を列記します。
・パスポート
VISA
・会社が発行した滞在証明
※ベトナムはサイン社会なので印鑑を持っている必要はありません。

開店したばかりでお客さんを探している銀行は、会社からもらった
オファーレターとパスポートで口座を開設してくれる場合もあります。

余談ですが、ベトナムのATMは引き出しだけで、預け入れができません。
ちょっとお金を預けたくてもいちいち窓口なんですね。不便です。
HSBCのような外資の銀行でもない限り、行員は英語を話せませんしね。

もう一つ、ベトナムの銀行の定期預金の利率は恐ろしく高いです。
私が過去に見た最高利率は14%です/年。
それなりの金額を預けておけば、それなりの利子がつきます。

ベトナムでの資産運用は実はおいしいのかもしれません。

ベトナムで家を探す! [仕事]

ベトナムでの家探し

Xin Chao! (こんにちは!)
今日はベトナムでの家探しについてご紹介します。

※以前にも書きましたが、私は現地採用であることを前提に
お読み頂けると、誤解がないと思います。



□タイプ
大きく分けて、外国人用のサービスアパートメント
ベトナム人用のローカルアパートがあります。

サービスアパートメントには、家具がついています。
更には掃除や洗濯のサービスがあり、建物もきれいなものが多いです。
一方、ローカルアパートはどうかというと、日本人であれば 不衛生だと感じる部屋が多いです。
特に水回りですね。
お手洗いとシャワーが何の仕切りもなく同じスペースなど・・・。
備え付けの家具がない場合も多いです。


予算
ベトナムは最初にデポジット(家賃1か月分)と3ヶ月分の家賃を払って住み始め
その後は3ヶ月分ごとの家賃を支払っていくというパターンが多いです。

そのため、現地採用とは言え、月収の目安は最低1,800USD以上ということになります。
食生活その他が成り立たなくなってしまいます。


不動産
大きな違いがある二種類の不動産屋が存在します。
「日系の不動産屋」「ベトナム人がやっているの外国人向けの不動産屋」があります。
持っている物件は、圧倒的に後者の方が多いです。
ベトナムはコネ社会なので、何でもベトナム人が強いのです。
ただ、ベトナム人がやっていても、外国人向けであれば多少の英語は通じます。

そう、ここで大事になるのが「英語ができるか」ということです。
英語ができれば、ベトナム人の不動産屋とも交渉ができます。
しかし、英語が全く出来ない場合には、既にぼったくられている「日系の不動産屋」に
しぶしぶお願いするしか方法がなくなってしまいます。


働き始める前から、言語は非常に大切なんですね。

★私の場合 家を探すぐらいの英語はできたので、600USDの家賃を500USDに
値切ったりしながら、何とか暮らしていくことができました。

日本にいる時から、会社に近いエリアの物件を洗い出しておいてもらい
内見して一気に決める!ぐらいの勢いで行きましょう。

なお、ご相談頂ければ私もベトナムの不動産屋さんはご紹介可能です。
でもハノイに限ります。
room1.JPGroom2.JPGroom3.JPG

職種は営業 [仕事]

私は今までプロダクトマーケティングかプリセールス経験しかなく
数字を持つ営業の経験はなかった。
しかし、ベトナムにある、ほとんどのIT企業では営業職以外には募集していない
選択肢はなく、私も営業職として着任した。

今思い出しても面白いような、恥ずかしい思い出がある。
出社初日、日本人の上司から突然「英語で自己紹介をして下さい。」言われた。
当然すごく困った。ひやひや冷や汗すらかいた。

しかし、やらない訳にはいかないので、やるにはやったが、記憶にない・・・。
だいぶ後になって、ベトナム人スタッフに聞いたところ・・・

下手すぎて笑った!

そうです。。そうなんです。。
それでも私がいじめられずに働けたのは、みんなの優しさの他に
きちんと案件を受注できていたから、というのが大きな要因としてあります。
タイやマレーシアでは、英語ができないだけでもいじめられて
辞めさせられる事態に発展することもある
というのですから
ベトナムは働きやすいと言えるでしょう。


次の回では、現地採用なら入社前に必ず必要になる
家探しについて触れようと思いますが、ここでちょっとブレイク

ベトナム人は大変巻貝が好きです。
ベトナム語ではOcと書きますが、日本語で言うと「オック」に近いかなと。
路上にはシーフードのお店が建ち並び、本当に外で食べるという感じですね。

今度、画像を公開します。

よし、海外に行こう! [仕事]

普通の日になんでもないニュースを見ていた。

なんでも最近、日系企業がこぞってベトナムに進出しているとのこと。
「安くて優秀な労働力」「安くて広大な土地」を求めて、製造業を中心に 進出が著しい
とのことであった。

ほー、これは一からITが必要になるに違いない。
私の職歴から言うと、ITの下流から上流までは一通りこなせる。
どこに当てられても仕事はできるだろう。

という安易な考えの下、ベトナムにあるエージェントに職探しを頼み
私自身はハノイに家を探し始めた。
ここで、忘れてはいけないアイテムと心得がある。

ひとーつ:警察証明書と3ヶ月の観光VISA /  ふたーつ:最低限の英語力(会話力)

↑この二つがなければ、ベトナムで暮らしていくことはかなり困難になると
私は後々知ることになるのだが、仕事はあっさり決まってしまうので
何の準備がなくとも、家の手配が住めば行く気になってしまうのである。

もう一つ、ベトナムに限って言えば、空港に降り立った時から英語も通じない。 最低限のベトナム語を記した本を持ち歩くことは必須になる。
これがフィリピンやタイ、シンガポール、韓国であれば英語が通じるのだが
なぜかベトナムだけ英語が通じない。

そんな厳しい環境が待ち受けているとも知らずに
私はハノイ行きの飛行機に飛び乗った。

日本での就職の難しさ [仕事]

私は日本のIT畑で10年以上も働いていましたが、転職はとても難しい・・・。[右斜め下]

原因は以下の事項ではないかと推察している。

1.転職回数が多い(2回でも多いと言われる)
2.とても高いスキルと、とても低いお給料を提示される
3.従順な性格を要求される
4.会議が多く、長い
5.信じられないほど上司が怒る(理不尽)


1について、日本企業と外資系企業では大きな違いが見られる。
日本企業は転職回数が多いことを極端に嫌う傾向にある。
やはり経験豊富な人材の流出を避けたいと思うため、予防線を張るのだ。

ところが、外資系の場合、転職は2社では少ないと言われることが多い。
はっきり言われたのは「君には経験もコネクションも足りない。」ということ。


物事に100%はないので、上述は一例として読んでほしい。
しかし、自分のスキルアップを考えて転職したのであればきちんと説明できるはず。
説明できる転職であれば、若いうちに試してみることをお勧めしたい。


そんなこともあり「あー、もう今の会社も限界かなー。」と思っていた頃に
2011年の大震災が起こった。

東京は食べ物もなければ、交通機関の利用もままならない。
私はひとまず実家のある北海道に帰ることにした。
30代を迎えて、人生を振り返り老後を考えたい気持ちもあった。

しかし一番の理由は、前から感じていた自分に対する消化不良を解決したいというものだった。

かくして、北海道に帰り両親と住むようになって起きたことは
アナログTVから発信される、何のことない情報のカケラだった。

海外で働く [仕事]

一度は海外で働きたい・・・

人はなぜそう思うのでしょうか。

パスポートも持っていない
食生活も分からない
何か特別なスキルがある訳でもない
英語を話した経験もない
高額な給与が約束されている訳でもない


DSC_0081.JPG

大体こういう方が、海外で働いてみたいと思う傾向にあるような気がします。
事実、私がそうであったように。

このブログでは、主に私が日本にある日系の会社を辞めてから
現地採用に応募するまでを、詳しく解説しようと思います。
ただ、それだけではなく、日本と海外の違いや、海外から見た日本
日本人が考える日本人と、海外における日本人の印象についても
随時、触れていきたいと思います。


最後に願うのは、一人でも多くの日本人に、特に若い方に
海外生活を楽しんでほしいということです。

どうぞ宜しくお願い致します。

※もしも、ブログを読んで頂いている間に、ご不明な点が発生したり
 こんな場合はどうしたらいいの?という個別の疑問が発生した時には
 プロフィールを開けて頂くと、メールアドレスの記載がございます。
 そちらからご連絡頂けましたら、ご返信させて頂きます。
 緊急の場合には、件名に緊急!とご記載頂いて結構です。
 ご連絡をお待ちしております。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

-|2015年09月 |2015年10月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。